プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

Galaxyを使ったGear VRで「劇場霊」の360°視界体験をしてきた /お化け屋敷も有り in幕張イオン新都心

      2015/09/04

先日幕張にある大きなイオンに遊びに行ってきました。
そこで、Galaxyを使ったVRイベントが行われていたので参加してきました。

写真 2015-08-21 16 32 45_compressed

スポンサーリンク


 

映画「劇場霊」とのコラボ

このVRイベントは映画「劇場霊」の公開記念ということで開催されていました。
上の画像のようにお化け屋敷との併設でコーナーが設けられており、VRイベントのみの場合は無料で参加することが出来ます。

Galaxyが装着されたVR Gearを装着して360°体験

今回体験したVR Gearですが、ゴーグルの先にGalaxyの端末がセットされており、頭に取り付けると目の前に視界が広がる装置です。
首を横に向けたり見上げたりすると中の視界もそれに追従する形で動き、写っていない視界の先まで表示されるという新しい映像出力デバイスとなっています。

写真 2015-08-21 16 19 17_compressed

頭の大きさに上のマジックテープを調整し、ずり落ちないようにします。
バンドは柔らかいスポンジがついており、頭に装着しても痛み等は特にありませんでした。

写真 2015-08-21 16 22 46_compressed

このようにGalaxyがセットされています。
デバイスの上面にあるダイヤルでピントが合わせられますので視力の弱い方でもメガネ無しで見れそうでした。

写真 2015-08-21 16 22 38_compressed

操作方法は見ている映像の開始ボタンを2秒見つめると自動でスタートするというシステムでした。
映像が始まった後は右をみたり左を見たり、好きなように首を動かして映像を楽しみました。


まとめ

映画館で見る映画と違い、視野の先まで映像があるという新体験は非常に楽しいものでした。
さらに、ヘッドフォンを装着しますので音の遠近、大きさの強弱に至るまでがダイレクトに感じられ、映像の迫力をさらに盛り上げてくれます。

ただ、Galaxyをそのまま頭にセットするようなものですから、重量がどうしても掛かります。
今回は5分程度の体験でしたので何も感じませんでしたが、映画1本まるごと見るとき等は首や頭にどの程度負担が掛かるのか、というのが気になりました。

しかし持っているスマホを使用して迫力の映像を体験できるわけですから、これからさらに改良が加えられて価格が抑えられれば、一般家庭にも一気に普及する可能性は大いにあると感じました。
部屋に大きなスクリーンを設置する場所もなければ高額なプロジェクターになかなか手が伸びない、というユーザーにはまさにうってつけな商品なのではないでしょうか。
今後の改良次第で全国各地のアミューズメント施設にもVR Gearを使ったアトラクションが出来るのではと思いました。

 

今回体験したのは千葉県のイオンモール幕張新都心のグランモール3階、イオンホールに設営された特別コーナーです。
期間は8月31日までとなっていますので、夏休み最後の思い出づくりに行ってみるというのも良いかもしれません。

ちなみに折角ですので併設されているお化け屋敷にも入りましたが、大の大人が「うぉぉ・・・」と声をあげてしまうほどびっくりさせられました。
怖いのが苦手な方はスタッフが一緒に同伴してくれるようですから安心ですね。
こちらの価格は「大人:800円 中学生・高校生:700円 小人(3歳以上小学生以下):500円」となっています。

イオン幕張新都心 劇場霊サイト このイベントは終了しました

 - イベント, ガジェット, スマートフォン