プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

ASUSスマホをPCで直感的に操作できる「PC Link」はゲームにフリマアプリに最適:Line Mall、メルカリもOK

      2015/09/16

Zenfone2Laserを使い始めて早1ヶ月。
そろそろ1ヶ月使用したレビューを書こうと思っていたのですが、引越し作業に追われてなかなか記事が作成できずにいます。

引っ越しですが荷物整理始めると色々と不要品出てきますよね。
私は普段からヤフオク!を使用して身の回りの不要品を整理しては新たなガジェットの購入資金にしたりとしているのですが、今回は新しい一手としてフリーマーケットアプリを使ってみることにしたんです。

候補はフリマアプリで有名なメルカリ、次いでLine Mall、アニメ系ならオタマート等色々あるのですが、出品者の手数料が一番少ないLine Mallを使用してみることにしました。
今回の記事は別にLine mallが良いアプリだとかそういうのではないです。
これ、スマホやタブレットからしか出品、落札操作が出来ないんですよね。
他のフリマアプリもそのようですが。

普段からヤフオク!を利用している筆者にとっては説明文を打つのが面倒で…。

何かいい方法がないかと思っているとZenfone2LaserのプリインストールアプリにPC linkというのが有るではないですか。
コレが結構イイアプリで、今回の出品手続きもかなりスムーズに行うことが出来ました。

そんなわけで毎度長い導入ですがここからPC linkがどのように優れているのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

まずはPCにソフトをインストール

ASUSスマホ及び恐らくタブレットでもOKだとは思いますがASUS独自のPC linkというアプリがあります。
対応端末は、ZenFone 5 , ZenFone 2,Zenfone2Laser,MeMO Pad 7,等のようですのでASUS端末では有りますがNexus7等は出来ないかもしれません。

こちらを使うには使用しているPCにも「PC link」をインストールする必要があります。
とはいえ、難しい設定は無いので公式ページよりソフトをダウンロードしてインストールするだけです。

・ASUS PC link ダウンロードURL

(2015 9/16追記)
PC link for windowsがアップデートされたことにより、ソフト立ち上げ時に更新を促されます。
バグfixや使い勝手の向上がなされているようなので支持に従ってアップデートしましょう。

更新が完了するとインターフェースが新しいデザインになっています。
今まで使っていた方も再接続を余儀なくされるので再度設定を行います。

とはいえ、Nextで進んでいくだけですけども。
WS000001端末側でPC linkアプリを起動しておきます。

WS000002

WS000003

Wi-Fiを選択してみましたがやはり出来ず…。
今月末に引っ越しなのでそこで新たなネット環境の元、再チャレンジしてみます。

WS000004

機器を選択し、NEXT。これでPCと接続完了し、ディスプレイ上に擬似スマホ画面が現れるはずです。  WS000007

初回以降、ソフトを立ち上げる際には下記画像のような画面が現れますので端末名をダブルクリックするとスマホ画面が現れます。

asuspc

うまくいかない場合は下記公式サポートを参考にすると良いかもしれません。
・PC Link インストール方法

PC上で何が出来るか

さて、スマホやタブレットをPCから操作するとどんな感じなのか。
まずタップ出来るポイントは1つですね。 
マウスポインタが2つに分裂でもすれば2ポイントをタップ可能でしょうけども…

しかしながらそれ以外の動作はほぼ全て出来ます。
タップ、長押し、ドラッグ、スワイプ等がマウスと左クリックのみで使いこなせます。
さらに、ホイールがついていればページスクロールもすることが出来ます。
コレによってネットブラウジングもし易いですし(PCでやれば良いというのは禁句)大きな画面で見れるのが良いです。
又、文字入力はPCのキーボードを使用することが出来ます。
勿論、ディスプレイに出力しながらスマホやタブレット上で操作することも可能ですから、皆で見る際の出力方法としても使うことが出来ます。
スマホやタブレットをディスプレイに出力する際にはMHLケーブルを使ったりしなければならないのですが、USBケーブル1本で接続できるPC linkはその点で言うと非常に使い勝手が良いです。

さらに、PC linkを介してネットブラウジングをしていて、コピペしたい文字があった場合、端末でいつものようにコピー動作を行う手順(文字上を長押し)をしてクリップボードにコピーし、これをPC側にペーストする、ということも可能なんです。 

DSC01841

選択したい範囲をマウスポインタでドラッグ出来るのも、指を使うよりカンタンな気がします。
但し、端末上では「Ctrl+C」や「Ctrl+V」といったショートカットキーは使えませんので、端末依存の方法でコピーや貼り付け動作を行います。

又、逆も可能でPC上で入力した文字をコピーし、端末側でペーストすることもできます。これ、次に紹介するフリマアプリですごく役に立つんです。

ちなみに上画像のようにディスプレイを縦にするとスマホの画面と同様の形式で使うことが出来ます。
電子書籍を読む際にも有効な使い方だと思います。こちらはモニターアームを使用しています。

購入したのはだいぶ前なので商品名がわからないのですが、同等の製品が下記のようなものです。
価格は5000円しない程度なのでモニターが余っている方はこんな使い方もイイのではないでしょうか。

画面の縦横を選択することもできるので横画面に対応したアプリを使う際にも便利です。

CIMG2808 CIMG2807

通常のディスプレイに縦画面状態で映しだすと上のような状態に。
横画面設定にするとディスプレイを有効に使うことが出来ます。
CIMG2805

設定はメニューバーの「^」ボタンをクリックすることで表示されます。
録画もできるようなので実況とかする方にもイイかもしれませんね。

フリマアプリをするのに大活躍

冒頭で述べたようにフリマアプリを使い始めたわけですが、スマホ上で文字入力をするのが面倒なんですよね。
そこで、上で記載したようにPCで文字を入力し、PC linkを介してスマホ上で貼り付けを行うとその手間を大幅に少なく出来ます。

CIMG2802

出品をしない方でも商品検索をPCのキーボードで入力することが出来るので商品を検索するのも楽になるのではと思います。

さらに、端末に保存されている画像をそのまま商品画像として貼り付け出来ますので出品手続きが格段に早く出来ます。
スマホで撮影し、PCとUSBで接続、後はPCから出品手続き。
すごく便利です。 
最近意味もなくPC linkを起動しているほどに惚れています。

ゲームにも有効なPC Link

ゲーマーの方も必見なのですがターン制のゲーム(モンストやFate go等)であれば大画面にて表示、操作することが可能です。
解像度はスマホやタブレットに依存するので高性能なASUS端末(Zenfone2等)だと非常に快適にプレイ出来るのではと思います。

DSC01853

ちなみにこのディスプレイは23インチなのですがディスプレイ上にも黒縁が表示されるので小さく見えるかもしれませんが、かなり大きく映っています。

但し、2ポイントタップを要するゲームやタイミングにシビアなゲーム(デレステや消滅都市等)では思ったように操作出来ないかもしれません。
DSC01848

プレイは難しいですがキャラクターは綺麗に映りますね。
165cmで44kgって。可愛いけどもっと飯くえって感じです。
…どうでもいいですね。言動がオッサンな24歳の筆者です。DSC01846
スマホ、タブレットの性能に依存する部分ですのでアクションゲームも厳しいかもしれません。
今回はZenfone2Laserで検証しましたが、Zenfone2ほどのスペックだとどんな感じになるのか。
もし機会があれば試してみたいですね。

まとめ

と、いうわけでASUSのPC Linkという機能をベタ褒めする記事になってしまいましたが非常にイイ機能、ソフトだと思います。
端末上でしか見れない映像やRPG等をプレイするにも有効な手段と言えそうです。

ASUS端末に限った話になりますがスマホやタブレットをディスプレイに出力するには色々と他のガジェットが必要になるところを、PCとUSBケーブルだけで実現し、操作をPCで行うことが出来るPC Link。
コレのためにASUS端末を選ぶというのも今後はアリなのかなと考えてしまうほどに使い勝手の良い機能です。
恐らく今後発売されるZenfone Selfieでも使えると思いますので購入を検討している方はPCで操作できることを覚えておいて損はないと思いますよ。

 - スマートフォン ,