プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

QuickCharge2.0での入出力両方に対応したAnkerのモバイルバッテリー PowerCore+ 10050を試してみた

      2015/10/28

IQテクノロジーを採用したUSBアダプタやランニング用アームバンド等、モバイルバッテリー以外にも様々な製品を作っているAnker JapanからQuickCharge2.0に対応したモバイルバッテリー PowerCore+ 10050をご提供いただいたのでレビューしていきます。

参考:自宅用にも外出ようにも適任な ANKERのPowerPort4を購入してみた:小さなボディだが性能は折紙付
参考:ランニング時に最適! モバブで有名なAnkerからiphone6用スポーツアームバンドが発売されたので早速買ってみた。

DSC02548

スポンサーリンク

パッケージ、同梱物

Ankerお馴染みの白と水色の配色のパッケージ。

DSC02541

同梱物は本体、ポーチ、microUSBケーブル、説明書

DSC02542

箱のなかにポーチの繊維カスが少し有りましたが、少しはたくとカスが出なくなりました。
DSC02545大きさは勿論ピッタリでしたが、一緒にUSBケーブルを2本位入れても大丈夫そうな余裕があります。

DSC02568

 

microUSBケーブルのコネクタ部には「ANKER」と「A」というロゴが入っています。
スッキリ・コンパクトなコネクタ部なのでスマホカバー等と干渉することがなさそうです。

本体外観

DSC02548

放熱性を高めるためか、アルミの外装となっています。
バッテリー残量はボタン部に円を描くように10段階のLEDの点灯によってわかります。一般的に4段階の残量表示が多いモバイルバッテリーですが、今製品はさらに細かく残量の管理が可能です。

DSC02549

裏にはQuickCharge2.0に対応していることを表すロゴ入り

DSC02550

スペックはこちら。
バッテリー自体の充電にもQuickCharge2.0が対応しているので、9V2Aでの充電が可能です。
電力を供給する際も、IQ機能とVoltage Boost機能によって端末ごとに最適な供給量が自動的に流れます。
また、QuickCharge2.0に対応した端末であれば9V2A、12V1.5Aでの供給が可能。

充電用セルにはパナソニック製を使用しているようですので品質も心配なしです。

充電も供給もスピーティに出来るのが今製品の最大の特徴ですね。

DSC02551

USBポートは1つのみ搭載。
右のmicroUSBポートは今製品の充電用ポートとなります。

サイズ

今回のバッテリーは10月時点で10000mAh以上のバッテリーとしては世界最小のようで、以前私が購入したAstro E4と比較すると大きさにかなり差があることがわかります。

DSC02553

DSC02556

iPhone6と比較しても約3~4cm程度短いので、持ち運びが便利になりました。

DSC02554

高さはE4と比較すると僅かに高いのですが、許容範囲内といったところ。

重量

まず13400mAhのAstro E4

DSC02559

約300g

次に今製品、power core+ 10050

DSC02560

約240g

DSC02558

ちなみにiPhone6はカバー付きで150gでした。
iPhone6を2台持つより軽いということですね。

使用感

実際に充電してみました。

DSC02570

iPhone6 plusに対して充電。
5.06V 1.39Aと、高速充電が出来ています。このアンペア数は常時少しずつ変わり、満充電に近づくと段々と弱めに充電するトリクル充電となります。

バッテリー自体をQuichCharge2.0で充電するとしっかりと9Vで充電されます。

DSC02567

今回はOmakerのQuickCharge2.0対応USBアダプタを使用しました。DSC02566

値を測ってみると9.25V1.82AとQuickCharge2.0が作動しているのがわかります。
残量0から100までどれくらいで充電完了するのか時間を測ってみたのですが、公式の4時間より早い3~3.5時間で満充電となりました。
これまで、大容量モバイルバッテリーというと使い終わったら夜通し充電しておくとちょうど朝頃満充電になる、という程時間がかかる印象でしたが、QuichCharge2.0と組み合わせると驚きの速さで次の使用機会に備えることが出来る様です。

まとめ

頻繁に出先でバッテリー切れになる方にオススメなQuickCharge2.0に対応したモバイルバッテリー「power core+ 10050」
対応端末であればQuickChaege2.0の恩恵を受けられますし、対応していない端末でもIQ機能とVoltage Voost機能によって高速充電が可能ですので、これからモバイルバッテリーを買おうという方はコレを買っておけばひとまずOKだと言えそうです。
今回の製品は1ポート仕様でしたが、容量の更に増した製品は2ポート仕様ですので使用用途、環境に合わせて選ぶと良いと思います。

価格は2015年10月19日現在¥2.999-。
2ポートタイプはセール中で¥3.599-となっています。

 

 - アクセサリー, スマートフォン, タブレット ,