プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

日本市場にAcerの新型スマホ Liquid Z530がやってくる!:ハイレゾ対応、セルフィー機能も充実のミドルスペック端末の新機能とスペック

   

本日行われたAcerの発表会にて新型端末の Liquid Z530の発売が発表されました。
この端末はIFAでも取り上げられており、日本市場に入ってくるのかどうか、というところでしたが無事に?日本での展開が決定したようです。
参考:Acerのandroidスマートフォン Z630.Z530.Z330/M330.Z320/M320のスペックが公開されたので比較してみた

発売は11月13日(金)とのことですので、発表された機能とスペックを見ていきます。

スポンサーリンク

本体外観

acer2_compressed

Galaxy S3の様な曲線を描いた上下部をもつフォルム。物理的なホームボタンは備えず、下側のベゼル部はわりと広く空いているようです。
背面上部にカメラ、下部に見える丸はスピーカーとのこと。

acer9_compressed

カラーはホワイトとブラックの2色展開。

機能

発表された情報によると、セルフィー機能が充実しているようです。acer3_compressed

カメラは前面、背面共に800万画素。
広角カメラなのでセルフィー(自撮り)も撮りやすく、セルカ棒が無くても大人数が写り込むことが出来ます。
最近のトレンドなのか、セルフィー端末が目立つようになってきましたね。

acer4_compressed そして、「セルフィー」の掛け声で自動的にフロントカメラにチェンジ。
そのままノータッチで撮影が可能とのこと。
フロントとリヤの切り換えも声によって行えるとのことで、目一杯手を伸ばした状態でもシャッターが切れるというのはいいですね。
画面上に表示されるシャッターボタンを手を伸ばした状態で押すのは難しいですし、音量ボタン等の物理ボタンを片手で押すとブレる原因となりますから、ノータッチで撮影できるというのは強みです。

また、「笑顔」を検出して自動的にシャッターを切る機能も搭載している模様。

acer6_compressed

私がZenfone2Laserでも使っているようなスマホ画面をPCで操作する機能も搭載しているようです。
意外とPC上で操作できる利点って多いんですよね。
詳しくは過去記事を御覧ください。
参考:ASUSスマホをPCで直感的に操作できる「PC Link」はゲームにフリマアプリに最適:Line Mall、メルカリもOK

acer5_compressed

そして通常のモードに加え、お年寄りや子供でもわかりやすいUIも備えているようです。

acer7_compressed

サウンドはハイレゾに対応。

acer8_compressed

ほかにも画面オフ状態でローマ字をなぞったり、決まったジェスチャーをすることで直接的にアプリを起動したり出来る「Quick Touch」を搭載。
すぐにセルフィーしたい時も「C」となぞればカメラが直接起動しますから便利ですね。

スペック

モデル名 Z530
OS Android 5.1
CPU MT6735 1.3GHz クアッドコア
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メディア microSDHC(32GB)
ディスプレイ 5.0inch
解像度 1280×720 IPS液晶
カメラ 前面:800万画素
背面:800万画素 
バッテリー 2.420mAh
SIM micro SIM
周波数 HSPA/WCDMA: 2100MHz(B1), 1700MHz(B9), 800MHz(B19), 800MHz(B6)
LTE: 2100MHz(B1), 1800MHz(B3), 800MHz(B19), 1500MHz(B21) 700(B28)
Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth 4.0+LE
センサー GPS搭載 (A-GPS,SUPL対応) /
加速度センサー / 近接センサー /
照度センサー
サイズ 144×70.3×8.9 mm
重量 145g
価格 \25.000-前後

注目点はその価格でしょう。
オープンとなりますが、予想価格は¥25.000-とかなり安め。
FREETELの雅には届きませんがそれでもこのスペックであればかなり頑張った価格だと思います。

1.3GHzのクアッドコア、メモリは2GBですし、ストレージも16GB。
足りない場合はmicroSDで補うことが可能。

コストパフォーマンス抜群な端末といえます。

但し、simフリー端末ではありますがドコモの3G,LTE以外ではなかなか使いにくい周波数設定のようです。
mineoやUQといったauバンド等で使おうという方は注意が必要ですね。

まとめ

IFAで発表された端末のうち、Z530が日本に来ました。
やはり、低価格でそこそこのスペックが売れている日本市場にはZ530がちょうどいいということなのでしょう。
末尾に「S」の付くちょこっとハイスペックモデルはどうやら来ないようですが…。

エントリーモデルとなる端末が低価格なミドルスペック端末に侵食されつつありますが、まさにZ530はその1つとなりそうです。
あまりに低いスペックだと使い始めてから不満が出てきますが、Z530のスペックであれば数年間は不自由なく使うことが出来そうですね。
子供用、実家の両親やおじいちゃんおばあちゃんにも使いやすい機能を搭載していますから広い年齢層に売れそうです。

上にも挙げましたが発売は11月13日。
現在は予約受け付け中となっています。

ちなみに、ハイスペックWindows 10 Mobile端末である同メーカーの「Jade Primo」の日本市場への投入もかなり前向きに検討しているとのことですので期待出来ます。
こちらの詳細は追ってまとめたいと思います。
参考:日本にもwindows phone来るか!? Acerがスナドラ808のwindows 10モバイル”Jade Primo”を発表

 - ガジェット, スマートフォン