プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

半透明な背面パネルが珍しい? 耐衝撃性を備えたガッチリめなAnkerのiPhone6plus用のケースを試してみた

   

多数のモバイルバッテリーを販売しており、評価も高いAnkerからiPhone6plus,6sPlus用のケースをご提供いただきましたのでレビューしていきます。

DSC03104

絶妙な?半透明の具合がいい感じです。

スポンサーリンク

パッケージ、同梱物

白基調に青いラインはいつもと変わりませんが、ケースの大きさにあった紙パッケージで届きました。

DSC03078

中にはケース本体とHappy?の紙。

DSC03080

ケース外観

縁部分は殆ど白、その他背面パネルやボタン部は半透明なケースとなっています。

DSC03081DSC03082

ぼかし加工、曇りガラスのような見え方です。

DSC03083

内側の側面はTPE素材というゴムに近い素材、外側は全てTPU素材のようです。

本体装着

実際にiPhone6plusを装着してみました。

DSC03099

今回は正面のパネルが白いiPhone6plusだったのでケースとの色合いもマッチしています。

DSC03104

背面も少しだけぼやけてiPhoneの文字が見える感じ。

DSC03102

音量ボタンとトグルスイッチ部。
スイッチの切り替えは指の腹でも難なく切り替え出来たので爪を切ってしまった後でも問題なく操作できそうです。ボタンのプッシュ感もしっかりとあり、押しやすかったです。

DSC03101

こちらは電源ボタンですが、押し心地は一見硬く感じました。
しかし、よく試すと押せてはいるものの、逆側とストローク量が違う感覚であり、左右を押し比べると少し違和感を覚えるかもしれません。
操作自体は問題なく可能でした。

DSC03100

下部側面のイヤホン端子、ライトニング端子、スピーカー部。
イヤホン端子部とライトニング端子部の切り抜きは少し小さめに感じました。
コネクタ部が大きめのオーディオ端子、Lightningケーブルだと干渉してしまう可能性があるので注意が必要です。

DSC03106

メーカーロゴが側面に彫り文字加工で入っていますが、背面が白であることで目立ちにくくなっています。

DSC03105

背面のカメラ部分はリブ加工されているので、机などに置いた際でもレンズとのクリアランスが稼げそうです。

握り心地

ケース自体は非常に軽いので(公称値36g)一般的なケース装着時と重量は変わらないと思います。

握り心地はサラサラな質感なので若干滑るかなというところですが、指紋がついても全く見えないので汚れを気にする方にはオススメかもしれません。
擦り傷も半透明である点でカバーできそうなのが良いですね。
そもそも大きい端末である6plus,6splusですので、端末の保護を優先し、両手操作をしたいところ。
どうしても片手で操作したければ各社より販売されているリング状のアフターパーツを取り付けると、保護機能もあり、持ちやすくもなるのでオススメです。

参考:スタンド&車載用ホルダーにもなる Spigen の「Style ring」は小さいのに機能性抜群だった:スマホだけでなくタブレットにも最適

まとめ

保護機能はしっかりとしていて半透明なデザインがちょっと珍しい,AnkerのiPhone6plus,6sPlus用のケース。
軽さと衝撃性能を両方兼ね備えているので大きくて少し重ための6Plus,6sPlusでもしっかりと守ってくれそうです。

今回は白のケースを提供していただき、本体カラーとよくマッチしましたが、カラバリにブラックもあるようなので自分の端末に合う方を選ぶと良さそうです。

価格は執筆時点で999円と手頃な価格になっているのでケースを新調したい方や半透明デザインに惹かれた方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 - アクセサリー ,