プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

3mという超ロングなZeroLemonのLightningケーブルを試してみた:枕元や充電しながらiPhone使う方にオススメ

   

以前、セール記事を書いたZeroLemonの3mという長めのLightningケーブルですが、製品をご提供頂けましたので早速試してみました。

参考:【セール情報】全長3mの長いLightningケーブル(MFI認証)が799円で特価販売中 Zerolemon

DSC03043

圧巻の・・・何重巻き?

スポンサーリンク

パッケージ

製品はメッキ調のジップロックに入っています。DSC03041

もちろんMFI認証済み製品。

DSC03042

本体外観

さすがに長いケーブルですので上画像のように何重にも巻かれています。
コネクタ部には会社イメージのレモンが彫り加工で描かれています。

DSC03044

ライトニング端子側には社名が彫り文字で。

DSC03045
先端に行くにつれて細くなっていくという独特な形状をしています。

DSC03047

純正と比べると少しコネクタ部の幅が長いことがわかります。

DSC03049

厚みはほぼ変わりません。

DSC03052

ちなみにUSB-A側も少しだけ大きくなっています。
奥がZeroLemon製、手前が純正です。

DSC03054

ケーブルも純正より少し太め。
とはいえ極端に硬いわけでもないので商品が梱包されていたように束ねることも容易ですし、見た目以上に柔軟性はあると感じました。
ケーブルの根元も純正よりガッチリしているので断線が防げるのではと思います。

充電性能

長いことで気になるのは充電性能。
iPhone6Plusの充電残量が60%の時に検証しました。
DSC03058

こちらが純正ケーブル使用時。 5,17V 1,4Aにて充電DSC03061そしてこちらはZeroLemon製。
5,15V 1.54Aという純正ケーブルを上回る数値を叩き出してきたので何度が試したのですが変わることなく。
長いことでどうしても電力が損失されやすくなるのが一般論ですが、製品ページにもあるように「ケーブルの太さは途中のロスを少なくする為」というのがしっかりと実現されています。

もちろん、充電だけでなく同期もしっかりと。
iOS9,2のiPhoneでも問題なく可能でした。

まとめ

ケーブルが長いながらも太さをある程度確保することで充電損失をなくす工夫かしっかりと活かされているZeroLemonのLightningケーブル。
検証時の充電結果はどんな環境下でも同じことが言えるわけではありませんが、少なくともしっかりと充電・同期ができることは確認できました。

ある程度太いケーブルは断線に対しても有効であると思いますのでタイトルに表記したように枕元まで長めに引っ張る場合や充電しながらiPhoneを操作する事が多い方にオススメかと思います。

執筆している今現在まだセール中となっており、クーポンを適用することで799円にて購入することができます。
長めのLightningケーブルが欲しいと思っていた方に朗報ですね。

クーポンの適用方法はこちら

参考:【セール情報】全長3mの長いLightningケーブル(MFI認証)が799円で特価販売中 Zerolemon

 - Amazon, アクセサリー