プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

iPhoneをauで利用していて、スマートパスに加入しているなら修理代金サポートを利用して無料で新品に交換できる

   

発売と同時に手に入れたiPhone6ですが、最近やたらとバッテリーが早く減ることに疑問を感じていました。
iOSのアップデートが原因なのか、使い方なのかと色々考えましたが、単純にバッテリーが消耗してしまった結果というのもあるのかと思い、新品に交換することにしました。

私はauにて回線を契約し、iPhone6を利用しているわけですが、購入当初よりauスマートパスに加入しています。
同時にAppleCare+にも入っています。

上記2つの条件が揃っている場合で、購入より2年以内であれば実質無料で本体の交換が2回まで行えます。
これは、auスマートパスのサービスの1つにある修理代金サポートを利用する形となり、Appleから請求された修理代金をauが後から払ってくれるというものです。

今回は備忘録ということで、流れをまとめてみました。

ちなみに、auスマートパスには加入しているが、AppleCare+は加入していないという場合でも一定金額の補償が受けられますのでご検討ください。

スポンサーリンク

修理申し込み

まずは、Appleカスタマーサポートへ電話で連絡をします。
もしくはネットから修理の申し込みを行うこともできますが、手順がやや複雑であることと、エクスプレス交換サービスを希望の場合は電話からのみ受付という点を踏まえて、電話での申し込みをオススメします。
電話番号は「0120-277-535」です。

通話が始まったら、iPhoneの修理を希望という旨を伝えると使用者の照合、使用中の端末、IMEI番号などを聞かれますので順に答えていきます。

修理の方法で、エクスプレス交換サービス(新しい端末と現在使用中の端末をラグなしで交換できるサービス)か、先に使用中の端末を送った上で新品が送られてくる、のどちらが良いか聞かれるのでこちらは好きな方を選択しましょう。
エクスプレス交換サービスだと、宅配業者が玄関先まで新品を持ってきてくれて、その場で新しい端末と使用中の端末を交換する形となり、端末が手元にない時間というのが発生しないのでこちらがオススメです。(但しクレジットカード必須)

そして、修理情報を送ってもらうメールアドレスを口頭にて伝えます。
ここまでが電話の流れです。


 

すぐに、先ほど伝えたメールアドレスにメールが送られてくるので開くと、修理情報を記入するページが開きます。

apple 修理2

AppleCare+に加入しているので修理代金は7800円ですが、エクスプレス交換サービスだと万が一修理端末を返却してもらえなかった場合の補償として新品の端末代金が仮押さえされます。
apple 修理3

入力が完了し、決済ボタンを押すと申し込み完了です。

端末交換

電話では2〜3日以内のお届けと伺ったのですが、次の日に新品端末が届きました。

DSC03464

箱の中にはsim取り出し用のピンと書類が入っています。DSC03466

中のsimはそのまま使い回しなのでこれを使用してしっかりと移し替えます。DSC03472

そんなわけで新品と今までの端末。DSC03475

新品が入っていた箱に今まで使っていた端末を入れ替えて、そのまま宅配業者に渡します。DSC03477

外の箱もそのままでOKです。
今回は後で持って行くと伝えて宅配業者に一度お引き取りいただいたのですが、本来はその場で交換し、そのまま持って帰ってもらう流れとなります。

DSC03470

ですので、それまでにしっかりと端末内のデータをバックアップしておきましょう。
容量の多い端末ほど時間がかかると思うので、ある程度時間に余裕を持って行っておくと良いかと思います。

Appleから請求書が届く

後日、請求書がAppleから郵送されてきます。

DSC03535

今回一番大事な書類が入っているのでむやみに捨てないようにしましょう。

DSC03537

請求書が入っています。
これのコピーをauに送ることによって修理代金をauが負担してくれるのが修理代金サポートです。

auサポートセンターへ送る

Appleから請求書が送られてきたら、auサポートセンターへ修理代金の請求をします。

FireShot Screen Capture #254 - '修理代金サポート|あんしん - auスマートパス' - pass_auone_jp_anshin_support_i

サポートページはこちら au修理代金サポート

AppleCare+に加入していなくても最大で1回あたり1万円を負担してくれます。
6s,6splusの場合が1万円、6,6plusの場合は7800円となります。

FireShot Screen Capture #255 - '修理代金サポート|あんしん - auスマートパス' - pass_auone_jp_anshin_support_i

注意点として、端末を購入した際に同時にスマートパスに加入しており、そのまま一度もスマートパスを解約することなく使用している場合のみ、修理代金サポートを受けられます。
途中から加入した場合は受けられませんので注意しましょう。

FireShot Screen Capture #256 - '修理代金サポート|あんしん - auスマートパス' - pass_auone_jp_anshin_support_i_#support_01

その後、auIDでログインし、申込書をpdfでダウンロード。
そのままプリントアウトして必要事項を記入します。

application2_01

そしてこの書類とAppleから送付されてきた請求書のコピーの2枚をauサポートセンターへ郵送します。
普通郵便で82円、この切手代は自己負担です。


 

以上で手続きは完了し、記入事項に不備がなければ2〜4週間後に指定した口座へ修理代金が振り込まれます。

実質、修理代金0円で新品と交換することができました。

まとめ

auユーザーでiPhoneを使用しており、購入時からスマートパス、AppleCare+に加入している方であれば迷わずやっておきたい新品交換。
契約時から2年以内が適用期間となっているのでiPhone6を発売と同時に購入した方ならそろそろどこか痛んでいるのではと思います。

私も、新品に交換したらバッテリーの持ちも良くなり、心なしか動作も速くなったような気がします。

そうでなくても、念のためということで新しい端末に交換しておくと長いこと使用できるのでは。
機種変する直前に新品に交換してそのまま中古市場に売るというのも賢い選択肢かもしれません。

 - サービス, スマートフォン