プッシュスイッチ.com

主にガジェットの紹介をしつつ、身の回りの事や役に立つ情報等幅広く発信していきます。

Spigenのイベント開催中な「私立珈琲小学校」に登校してきた:購入する前にケースを試着してみたい人にオススメ

   

昨日、スマホのケースやフィルム等を扱っているSpigen×元小学校の先生の方がオーナーの私立珈琲小学校がコラボして開催されているSpigenのケース展示会を覗いてきました。
DSC01882

20:00までなのですが道が混んでいて想像以上に到着が遅れ、閉店間際にお邪魔する形となってしまいましたが快くサービスして頂けました。

スポンサーリンク


元小学校の先生が淹れる珈琲が格別に美味い

まず開催されている場所ですが、世田谷の東京急行電鉄田園都市線、池尻大橋駅より徒歩3分の「私立珈琲小学校」というカフェ。

渋めなイケメンのオーナーが直々に淹れてくれる珈琲を楽しめる小ぢんまりとしたアットホームなカフェでした。

DSC01883_compressed

色々な種類の珈琲がメニューに並びますが、今回は「珈琲小ブレンド」をアイスで頂きました。
非常にスッキリとした味わいで、例えるならば水出し珈琲のようなイメージ。
飲みやすい珈琲でとても美味しかったです。

営業時間は平日が16:00~20:00、土日祝が13:00~20:00となっています。

Spigenのケースが展示中

期間限定ですが9月15日から同月29日まで、Spigenとコラボということで店内の一角にSpigen製iPhone6,6s/6Plus,6sPlus用のケースが展示されています。
DSC01904実際に自分のiPhoneに装着して握り心地、ボタンの押しやすさといった装着感を確かめることが出来ます。

ちなみに現在人気なローズゴールド色のケースも数種有りました。
こちらは別記事でも取り上げていますので気になる方は下記よりどうぞ。

・iPhone6sにローズゴールドが新色で登場したけど買えない人はケースでおしゃれはいかが?:シュピゲンの新色がセール中

購入したフィルムを持参すると無料貼り付けサービスも受けられる

下記3店舗にて購入したフィルムを納品書と共に持参することで無料で貼り付けサービスを受けることが出来ます。

  • Amazonストア
  • 楽天市場店
  • Yahoo!ストアのSpigen Japanショップ

対象はフィルム、ガラス問わずのようですので自分で貼り付けるのが苦手な方にはうってつけなサービスですね。

気になるケースを色々見てきた

今回私はフィルムの貼り付けサービスをしてもらうために”登校”したわけではなく、気になる機能のケースを実際に見るために行ってきました。

無接点充電がiPhoneでも可能になるケース

まずはNexus5等でお馴染みの無接点充電機能ですが、それがiPhoneでも出来るようになるケースと無接点充電スタンド「F300W」。

DSC01909

現在はiPhone6,6sでは「タフ・アーマー ボルト」,iPhone6Plus,6sPlusでは「スリム・アーマー ボルト」となるようです。

装着は一般的なケースと同様に本体を押し込めた後、ケースに仕込まれたQiチップから伸びるLightningコネクタを繋ぐだけと簡単です。

DSC01884-horz

コネクタの長さは必要最低限ですので邪魔になるということもなく、通常時は挿しっぱなしにできるのでLightningコネクタの差込口を保護できるというメリットも兼ねています。
他のLightningケーブルを接続する際にはコネクタ上部にある溝に指を引っ掛けることで難なく外すことも可能でした。

DSC01886

置くだけで充電出来るというのは初体験だったのですが非常にストレスフリーになりますね。

米国国防総省のMIL規格を取得したタフネスなケースと無接点充電の組み合わせ、ゴツいのにスマートに充電というアンバランスさが面白い製品です。

DSC01907-tile
ちなみに「F300W」スタンドは他の端末でも無接点充電に対応しているものであれば使用可能とのことです。

上記で紹介したタフネス系ケースより、さらに上を行く完全防備なケース「パーフェクト・アーマー」もありました。

DSC01889

こちらも米軍MIL規格を取得した製品で、タフ・アーマーと専用設計の液晶保護プロテクターが一体化したケースとなっています。
上記画像のように、液晶保護プロテクターが前面を守るのでフィルム要らずなケースです。

DSC01891

装着は液晶保護プロテクターに先に本体をセットし、その後タフ・アーマーにはめ込むという手順で行います。
また、特徴として通常のタフ・アーマーにはない端子保護キャップがついています。

DSC01890

裏面のSpigenお馴染みのリンゴマークを見せるための丸い穴にもスクリーンが付いており、実質的に直接外部と筒抜けなのは下部スピーカーとカメラ部分、上部通話スピーカーのみとなり、よりいっそう保護機能を高めたケースとなっています。

握りやすさNo.1だけど保護機能もバッチリなケース

今回行って一番感動したのは「ラギッド・カプセル」というケース。

DSC01894

装着して握るとすぐ分かりますが、ものすごいホールド感。
これを装着するとまず滑って落とすということはなくなるだろうと言えるほどに安心感の生まれるケースです。

背面上下にカーボン調のデザインが盛り込まれているのですが、ステッカーではなくTPU素材をうまく加工して造られたデザインとなっていました。
つまるところ、全てTPUで造られている為、柔軟性が高くクッション性も併せ持つケースです。
下記に似たデザインの製品で「ネオ・ハイブリッド カーボン」を紹介していますが、そちらはポリカバンパーの製品。
ポリカの質感があまり好みでない方にはこちらがオススメです。

DSC01895

サイドのボタンも突起が造られており非常に押しやすく、マナモードのトグルスイッチも難なく操作できました。
イヤホンジャックやLightningコネクタの差込口も広めに空けられており、多少大きめのジャック、コネクタでも差し込める用になっていました。

こちらも米軍MIL規格を取得したケースですので耐衝撃性能は折紙付きです。

 - アクセサリー, スマートフォン