高耐久ながら柔軟なケーブルが特徴のAnkerのPower line microUSBケーブルを試してみた

2015 11/27
高耐久ながら柔軟なケーブルが特徴のAnkerのPower line microUSBケーブルを試してみた

モバイルバッテリーやUSB機器などでお馴染みのAnkerから防弾仕様のケブラー繊維が盛り込まれた高耐久のmicroUSBケーブルをレビュー用に提供いただきましたので見ていきます。

DSC02830

[adsense]

目次

パッケージ

今回はケーブルなのでパッケージも小さめ。
白基調に青ラインという色使いは変わらずです。

DSC02813

DSC02815

中身はケーブルとHappy?の紙のみ。無論、説明書はありません。

製品外観

コネクタ部にはAnkerのロゴ入り。

DSC02818

DSC02819

そして、束ねるためのマジックテープ型ストラップが付いています。

DSC02821

製品につけたままにしておけるのでなくす心配がありません。


 

以前、モバイルバッテリーを購入した際に付属していたケーブルと比較してみました。

DSC02824

左が前の付属品、右が今回の製品です。
コネクタ根元の接続部を見ると一回り太くなっており、そこからの断線を防ぐ形状になっています。

DSC02823

コードの太さを見ても今回の製品は若干太めとなっています。

太いながらも柔軟性は十分に確保されており(以前のケーブルとほぼ同等)取り回しはしやすかったです。
折り曲げに対する耐久性も数千回以上のテストをクリアしている模様。
故に、束ねるのも簡単。付属のストラップを使用すればコンパクトになります。

出先へ持っていく際にもカバンの中でごちゃごちゃになることを防げるので良いですね。

充電性能

商品名にあるように急速充電、高速データ通信に対応しているようです。

今回は極 KIWAMIに搭載されている急速充電技術で試してみました。

DSC02829

結果としては何の問題もなく充電可能、この後PCにつないでデータ通信も試してみましたが問題なく作業できました。

どちらかというと計測器が急速充電に対応していないものなのでそちらを買い替えたいところ・・・。

まとめ

Ankerでは初の防弾ケブラー繊維を使用したケーブルということで耐久性はかなりありそうでした。
中に使われている繊維を聞くと硬いのかなと思っていましたが、実際に触ってみると硬さは感じず、従来品のように使うことができました。

最初から束ねるためのストラップが地味に便利でした。

価格も11/27現在で約800円とそこまで高くない設定となっています。
一度購入すれば長い事使えると思うので常用しているケーブルが痛んできている方は買い替えの候補に入れてみてはいかがでしょう。
勿論、Ankerの18ヶ月保証が付いていますので万が一でも安心です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次